自律神経失調症と関連深いパニック障害の改善・克服・治療方法について詳しく紹介します。
自律神経失調症克服・改善
トップページ > 自律神経関障害 >パニック障害 >克服・治療法

パニック障害 克服・治療法

まずは、パニック障害が死に至る病ではないということを認識するべきです。この症状は、しっかりと治療すれば治りやすい病であるということです。このことを認識にないで、治療がされないまま放置することは非常に危険です。

代表的な治療法方

代表的な治療法方としては、治療的には、薬物療法と精神療法があり、様々な治療が有効性を認められている。

そして、発症初期に最も効果的な治療法が、「権威からの保障」といえるのではないでしょうか。パニック障害は、発作の不可解さと、発作に対する不安感・恐怖感によって悪化・進行していく疾患であり、その症状について適切な説明をうけることが回復への近道だといえます。これはいわゆる精神療法といえるが、しっかりとした医者にかかることが重要です。

薬物療法では、パニック発作の抑制を目的に抗うつ薬、不安感・恐怖感の軽減を目的にベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられる。
これらの薬物には明確な有効性があり、精神療法との併用によるパニック障害治療への効果は非常に有用だといえます。

【効果のある薬剤の種類】

<抗うつ薬>
○セロトニン&ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
 ミルナシプラン(商品名:トレドミン)
○選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
 フルボキサミン(商品名:デプロメール・ルボックス)
 パロキセチン(商品名:パキシル)
○三環系抗うつ薬
 イミプラミン(商品名:トフラニールほか)
 クロミプラミン(商品名:アナフラニール)
<抗不安薬>
○ベンゾジアゼピン系抗不安薬
 アルプラゾラム(商品名:コンスタン,ソラナックス)
 ロラゼパム(商品名:ワイパックス)
 ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックス)

精神療法について

先述したとおり、パニック障害のことを正しく理解し、一定の安心感を得ることが効果的です。

しかし、更に以下のような療法を組み合わせることで、克服への近道となるはずです。

■認知行動療法
恐怖のために回避している場所に出かけたり、回避している状況を試してみたりして少しずつ成功体験を積み重ねていく治療法のことを言います。但し、この治療法はアメリカでは推奨されていますが、日本では今ひとつ普及していないのが現状です。

次に、この認知行動療法を行うにあたっての考え方を記載します。

1.まずこれまでの症状の流れを再確認します。また、パニック障害の症状と一致することを確認します。

2.初回のパニック発作の後、「また発作が起こるのではないか」という予期不安が生じ、その不安のために身体状態を観察する姿勢が慢性化し、予期不安と自己観察によって自己暗示がかかって症状が生じていることを確認します。

3.以上のような症状がパニック障害であって、死に至ったり、発狂、失神に至るものでははないことを納得します。出来ない場合には、医師に再度相談します。

4.「恐ろしい症状が起きないように」という生活をしようとし、不安から逃れる姿勢を取ることが予期不安を増長させ自己暗示の悪循環を作っていることを理解します。

5.この「不安から逃れる」姿勢から、「不安に立ち向かい」「不安を呼び込む」態度に変更することを決心します。不安と恐怖に立ち向かうことが回復への道だと考えます。

6.日常生活から「不安に左右されない」「不安は不安のまま置いておく」「不安を無視をして生活する」ことを心がけます。特に広場恐怖の対象となる場所・状況に対して逃げるのではなく、立ち向かう心構えで訓練することが大切です。

以上のような心構え(考え方)で治療を実行することは非常に有効だといわれますが、焦りなどから無茶をして発作を起こしてしまうケースも多く、医者とのしっかりしたコミュニケーションと相談が必要です。

▲このページの先頭へ


Copyright(C) 自律神経失調症WEB All rights reserved.
inserted by FC2 system