自律神経失調症は日常に対するストレス症状とも言えます。では動物にストレスはあるのでしょうか?
自律神経失調症治療・改善
トップページ > 自律神経失調症豆知識 > 人間特有の症状?

自律神経失調症は人間に特有?

自律神経失調症は、人間のみ発症する症状なのか?

そもそも自律神経失調症の主原因である精神的ストレスを動物が感じるのかどうか?ここにその謎を解く鍵がありそうです・・・

動物もストレスを感じるのか??

自律神経失調症とストレス

自分のうちのペットの毛が抜けたりすることは皆ご存知だと思います。この症状をみて、動物も精神的ストレスを感じているんだ・・・とよく人は言います。あたかもペットの世界にも人間社会と同様に、精神的ストレスが存在するかのようです。これは間違いなのです。

確かに動物にもストレスは存在します。しかし動物の感じるストレスとは、物理的ストレスであり、これによって抜け毛が発生したり、胃潰瘍になったりします。しかしこれは人間の感じる精神的ストレスとは種類の違うストレスのようです。現に動物は人間のように自殺するような意志は存在しません。(チンパンジーやゴリラなど一部の哺乳類には多少の精神作用が存在するといわれますが・・)

人間は大脳の肥大化という進化の過程において、動物には存在しない理性や知性を手に入れた代償に精神的ストレスをも手に入れてしまったのです。

▲このページの先頭へ

Copyright(C) 自律神経失調症WEB All rights reserved.
inserted by FC2 system