自律神経失調症を認めない医師も多数いるようです。はたして自律神経失調症とは病気なのでしょうか?
自律神経失調症治療・改善
トップページ > 自律神経失調症豆知識 > 自律神経失調症って病気?

自律神経失調症って病気?

自律神経失調症・・・

この言葉が使われ初めてずいぶん時間がたったように思います。しかし、この自律神経失調症とは、果たして病気としては認められているのでしょうか?

自律神経失調症は日本人特有?

自律神経失調症は病気じゃない?

実はこの自律神経失調症とは、日本においてのみ使用されている症状の名称です。

その他の国において、自律神経失調症に相当する単語は存在しないため、正式な病名として存在しないということになります。

それでは、この自律神経失調症は日本人にしか発症しない症状かといえばそうではなく、欧米では自律神経失調症に相当する症状は、不定愁訴を伴った一種の病気として見なしています。

このため、日本国内においても自律神経失調症を病気として認めない医師も多く(不定愁訴を自律神経失調症として診断することは、あいまいな返答で逃げることにもなりかねないため)、うつ病やパニック障害、神経症など正式な病気の随伴症状と診断されるケースも多いといえます。

また、診断をしても何も問題がない不定愁訴という症状であるため、「問題はありません」の一点張りを通す医者もいるようです。これらの医師は、病名として認定されていない自律神経失調症という単語を使用することはありません。

このようなあいまいな症状である自律神経失調症は、はっきりとした認知を得られないまま患者を苦しめる結果となってしまうことも少なくないと思われます。

しかし、この自律神経失調症は正式な病名ではありませんが、一つの病ととらえるべき症状であると感じます。うつ病・パニック障害などの随伴症状で、自律神経症状が出るのはもちろんですが、そうでない場合においても確かに存在する症状であるからです。

不定愁訴とは?

体のどこが悪いのかはっきりしない訴え、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないものを指します。例えば全身倦怠、疲労感、微熱感、頭重、頭痛、のぼせ、耳鳴り、しびれ感、動悸、四肢冷感などの症状が上げられますが、自律神経失調症や更年期障害、その他いわゆる心身症の症状として現れることが多いといわれます。
▲このページの先頭へ

Copyright(C) 自律神経失調症WEB All rights reserved.
inserted by FC2 system